宮教オケについて

20170930231400ba6

当団は、宮城教育大学の日比野裕幸教授のゼミナールとして、2011年5月に立ち上げられた新しいオーケストラです。宮城教育大学の学生をはじめとする仙台市内の大学生を中心に約70名の団員で構成されています。

宮教オケでは、年に2回の定期演奏会、小学生対象の「ふれあいコンサート」、仙台フィルハーモニー管弦楽団元常任指揮者パスカル・ヴェロ氏やダグラス・ボストーク氏による「指揮者講習会」、一番町ぶらんどーむやアウトレットでの「フラッシュモブ」、公民館でのボランティア演奏、杜のホスピタルあおばでの小編成での依頼演奏等、一年を通して幅広い活動を行っております。

 

活動目的

また、当団では設立以来より、

(1)歴史的に偉大なる作曲家や作品を通して、感性と教養を高める「目的」

(2)各々が自分の仕事や役割を的確にこなし、コミュニケーションを図り順応性のある「人材」

(3)演奏活動が広く認知され音楽の魅力により社会的貢献を果たしていくという「使命」

の3つの課題を掲げており、単なるアマチュアオーケストラにとどまらない、意義のある活動を目指して日々活動を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>