指揮者紹介

日比野裕幸

日比野 裕幸(ひびの ひろゆき)

      大阪府出身。13歳よりクラリネットを始め、京都市立堀川高校音楽コース、東京藝術大学を卒業の後、オーストリア・ウィーン国立音楽大学に留学、1989年帰国。東京でフリーランス奏者として活躍の後、1991年仙台フィルハーモニー管弦楽団にクラリネット奏者として入団、演奏家として幅広く活躍する。
      室内楽では、東京クラリネットフィルハーモニー、仙台ゾリステン、Ochla木管五重奏、エニグム・クラリネット・アンサンブルのメンバーとして活躍している。指揮者としては、2004年より「フィルハーモニアウインドオーケストラ」の常任指揮者に着任、ザ・ウインド・オーケストラ仙台定期演奏会、仙台シンフォニエッタ定期演奏会を指揮している。

2011年3月仙台フィルハーモニー管弦楽団を退職し、同年4月より宮城教育大学教授に就任。5月に日比野裕幸ゼミナールとして宮城教育大学交響楽団を立ち上げ、指揮者として精力的に指導にあたっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>